宮崎ケール産業株式会社

 宮崎ケール産業は、乾燥青汁ピロサンの一次加工を受け持つ製造会社です。日南市を中心に周辺の農家に原料であるケールを栽培してもらっています。
 1年に2シーズン収穫期を設け、春5月〜6月にかけてを春作、秋11月〜12月その後、年を越して3〜4月までを秋作とよんでいます。それぞれの時期には、各生産者から収穫したケールの葉を納入してもらい、おおよそ半日で粉末の状態にまで加工します。
 年による誤差はありますが、春作の葉は渋く、秋作は甘くなりますので、工場でできる粉もそれに合わせて甘くなったり渋くくなったりします。乾燥する日の湿度や温度によっても味や色は大きく違ってきます。およそ工業製品らしからぬものですが、自然そのままに加工することを重視していますので、御勘弁いただいております。
 ハイケールについて

 また、10日に1回、生のケールのペースト商品ハイケールも製造しております。ハイケールの取り扱いは、直接当社にて受け付けております。日南市周辺の方々には、直接おわけする場合もありますので、御入用の場合はお気軽に御連絡ください。クール宅急便にて、遠方にも発送しておりますが、冷蔵保管等は一切行っておりませんので、新鮮なナマ葉が切れてしまうことがたびたびあります。その場合には、しばらく発送できなくなりますが、御容赦ください。
宮崎ケール産業へのメール連絡はこちら
〒887ー0023 宮崎県日南市隈谷甲1152ー8
TEL:0987ー27ー1289
宮崎ケール産業株式会社 田辺秀正