本文へスキップ
HOME 畑地かんがい事業       について 「土地改良区」    について 管理施設の紹介 広報誌
各種様式 決算関係書類 個人情報の保護 お問い合わせ リンク集

「土地改良区」について

土地改良区とは

1.土地改良区は、土地改良法により、一定の地区内で土地改良事業を行うことを目的として設立される
公共法人で、設立及び解散には知事の認可が必要です。土地改良区以外は土地改良区という名称を使うことができません。なお、平成14年度から土地改良区の愛称が「水土里(みどり)ネット」となりました。

   

2.土地改良区のある地域で土地改良法第3条に規定する資格をもつ人は、その土地改良区の組合員とすると規定されており、加入が強制されています。

3.定款の規定により組合員に賦課金等を課し、滞納者には地方税の滞納処分の例により、
強制的に徴収することができます。

4.土地改良区の性格から、法人税、所得税、登録免許税、不動産取得税、固定資産税、事業税等について
非課税扱いされています。


事業は何ができるのか

1.土地改良区の事業は農業生産の基盤の整備を図り、もって農業の生産性の向上、農業総生産の増大、農業生産の選択的拡大及び農業構造の改善に資することを目的としています。

2.事業の内容は農地のほ場整備を実施したり、農業用のダムや水路等さまざまな水利施設の維持や管理を行っています。

3.土地改良区の事業は農村地域における水と農地の管理主体としての役割を通して地域の環境保全にも大いに寄与しています。


運営方法について

 土地改良区はその地区内の総組合員によって組織され、組合員が選挙した総代の
総代会において、組合員の意志が決定(総代制の場合)されています。その運営は総代が選任した役員によって行われ、運営に要する経費は、組合員の負担により賄われます。


都城盆地土地改良区について

 都城市と三股町では畑作地帯の生産条件を改善するために、畑地かんがい事業を推進しています。昭和62年度着工の国営かんがい排水事業は、平成22年度末までに完了し、国営関連事業(県営事業)の完了した地区については、既に木之川内ダムの水が供用開始されています。また、この国営関連事業において現在も給水栓設置工事などの末端整備が進められています。今後、両事業で造成された畑地かんがい施設を長期的に亘り適正に維持管理し、安定的な水供給の確保に努めるために、受益農家のみなさんで組織される「
都城盆地土地改良区」が平成20年2月8日に設立されました。(設立認可番号:宮崎県第434号) 組合員数(受益農家)約9,000人、受益地約4,000haは県内最大規模の土地改良区です。

    


総代紹介

 令和2年1月29日に執行された都城盆地土地改良区総代選挙の結果、下記の皆さまが当選されました。総代は、最高議決機関である総代会の構成員として土地改良区の意思決定を行うこととなります。
 任期は令和2年2月25日より令和6年2月24日までです。



選 挙 区 域
氏 名 住  所




都城市
(山之口町,高城町,山田町,
高崎町を除く区域)
36 相 葉 雄 三  都城市下長飯町
新 福   稔  都城市大岩田町
肥 後 悦 雄  都城市上長飯町
坂 元 良 全  都城市今町
楠 見   幸  都城市今町
柿 並 博 志  都城市都島町
簑 原   孝  都城市南横市町
大 石   明  都城市蓑原町
大 石 春 樹  都城市都原町
櫻 木 儀 安  都城市高木町
有限会社太陽ファーム
牧田 幸司朗
 都城市高木町
福 重 敏 郎  都城市岩満町
内村 不二雄  都城市岩満町
桑 畑 昭 三  都城市上水流町
長 友 昭 治  都城市上水流町
巣 立 勇 次  都城市岩満町
福 留 久 芳  都城市野々美谷町
矢 野 章 一  都城市野々美谷町
重 山 告 男  都城市梅北町
川 﨑 勝 海  都城市梅北町
竹 田   功  都城市梅北町
谷 口 孝 一  都城市梅北町
原 口 善 一  都城市梅北町
井 上 勝 一  都城市梅北町
久 保 淳 也  都城市梅北町
髙 野   嵩  都城市安久町
松 下 良 彦  都城市豊満町
兒 玉 雄 二  都城市安久町
川 口 健 一  都城市豊満町
中 島 正 己  都城市乙房町
皿良 浩太郎  都城市乙房町
丸 目 勝 幸  都城市乙房町
釘 村 祐 次  都城市乙房町
福 永 一 義  都城市乙房町
濵 﨑 光 郎  都城市関之尾町
株式会社浜崎農産
比江島 健嗣
 都城市関之尾町


都城市山之口町 3 餅 原 利 行  都城市山之口町花木
山 下 保 郎  都城市山之口町富吉
榎 木 厚 男  都城市山之口町富吉




都城市高城町 11 安 樂 國 利  都城市高城町桜木
園 田 勝 美  都城市高城町桜木
安 藤   武  都城市高城町穂満坊
宮 丸 勝 美  都城市高城町穂満坊
清水 裕一郎  都城市高城町石山
飯 盛   茂  都城市高城町石山
海江田 留男  都城市高城町有水
中 野 清 悟  都城市高城町大井手
丸 目 浩 司  都城市高城町有水
内 山 良 平  都城市高城町桜木
和田 幸太朗  都城市高城町大井手




都城市山田町 10 髙 原 健 二  都城市山田町山田
中 原 長 幸  都城市山田町山田
南 﨑 親 則  都城市山田町山田
福 田 和 弘  都城市山田町山田
戸 越 和 德  都城市山田町山田
溝 口   修  都城市山田町山田
福 森 幸 二  都城市山田町山田
石 原 文 雄  都城市山田町山田
村 岡 博 光  都城市山田町山田
立 元 宗 嗣  都城市山田町山田




都城市高崎町 8 宮 園 睦 雄  都城市高崎町大牟田
迫 田 澄 雄  都城市高崎町江平
的 塲 辰 男  都城市高崎町江平
中 村 年 信  都城市高崎町江平
東   丈 則  都城市高崎町江平
鍛 屋 辰 年  都城市高崎町江平
中 村 哲 朗  都城市高崎町大牟田
兒 玉 圭 亮  都城市高崎町大牟田




北諸県郡三股町 7 溝 口 良 信  北諸県郡三股町大字長田
杉 野   満  北諸県郡三股町大字餅原
中 内 勇 一  北諸県郡三股町大字樺山
中 石 政 浩  北諸県郡三股町大字樺山
尾 﨑 新 一  北諸県郡三股町大字宮村
大久保 和幸  北諸県郡三股町大字樺山
飛 松 優 作  北諸県郡三股町大字樺山



役員紹介


 令和2年3月13日に執行された第13回通常総代会において、下記のとおり新役員が選任されました。選任された理事及び監事は、外部に対して代表するとともに、執行機関として総代会の意思決定に従って職務を執行することとなります。
 任期は令和2年3月30日より令和6年3月29日までです。

職名 被 選 任 区 定数 氏  名 住   所 備 考


第1被選任区
都城市
(山之口町,高城町,山田町,
高崎町を除く区域)
9 門 松 優 作  都城市下長飯町
髙 橋 武 美  都城市今町  
廣 畑 勝 美  都城市野々美谷町 副理事長
重 冨   保  都城市下水流町 運営副委員長
坂 元 重 秋  都城市梅北町
枦  良 作  都城市梅北町  
山 下 博 三  都城市安久町  
上之原 正美  都城市乙房町  
大久保 義広  都城市関之尾町  
第2被選任区
都城市山之口町 
1 南   茂 博  都城市山之口町花木  
第3被選任区
都城市高城町  
3 野 元 久 男  都城市高城町穂満坊  
小 園   敏  都城市高城町桜木  
竹 下 正 秋  都城市高城町有水  
第4被選任区
都城市山田町
3 島 田 孝 一  都城市山田町山田 理事長
藤 井 和 也  都城市山田町山田 運営委員長
中 原 長 幸  都城市山田町山田 令和3年3月30日就任
第5被選任区
都城市高崎町  
2 関  節 男  都城市高崎町江平  
中 津 教 芳  都城市高崎町大牟田  
第6被選任区
北諸県郡三股町
2 福 永 廣 文  北諸県郡三股町大字蓼池 副理事長
内 村 真 一  北諸県郡三股町大字宮村
全 域
(組合員外)
2 岩 﨑   透
(都城市副市長)
 都城市姫城町  
西 村 尚 彦
(三股町副町長)
 北諸県郡三股町五本松  


全 域
(組合員外1名含む)
3 中 島 俊 弘
 都城市南横市町
内 村   充  北諸県郡三股町大字蓼池  
髙 丸 幹 雄
(組合員外)
 都城市梅北町 総括監事

HOME   畑地かんがい事業について   「土地改良区」について   管理施設の紹介   広報誌
各種様式      決算関係書類      個人情報の保護      お問い合わせ      リンク集