本文へスキップ
HOME 畑地かんがい事業       について 「土地改良区」    について
各種様式 決算関係書類 個人情報の保護 リンク集

管理施設の紹介
主な国営造成施設


木之川内ダム


 都城盆地地区を潤す水瓶となるダムです。土砂と岩石で築堤されたロックフィルダムで、その中でも中心部に水を通さない遮水部を持つ中心遮水ゾーン型ロックフィルダムと言います。 ダムについては都城市並びに三股町が管理主体となり、当土地改良区が操作委託を受けています。

・堤高:64.3m,堤長:409.7m,堤体積:155万m3,有効貯水量:601万m3

 アクセス:木之川内ダム


田野頭首工


 木之川内ダムから西へ約10km離れた庄内川に頭首工と呼ばれる堰を建設し、導水路(トンネル)を通してダムへ水を補給しています。 頭首工については都城市並びに三股町が管理主体となり、当土地改良区が操作委託を受けています。

・堤高:2.0m,堤長:13.0m,最大取水量:4.08m3/s

 アクセス:田野頭首工

   

パイプライン(管水路)


 木之川内ダムから畑へ配水するための大きな配水管が、道路の下などに約140kmほど埋設してあります。

・管径:φ1,200~φ250

   

水管橋


 河川上や線路上を横断する鋼管でできたパイプラインです。既設道路橋に添架する添架水管橋と、単独で橋台・橋脚をもつ独立水管橋があります。

・管径:φ1,100~φ300



揚水機場・加圧機場


 木之川内ダムからパイプラインを通ってきた水をファームポンドへ汲み上げたり、ファームポンドから畑へ加圧して水を送るためのポンプ場です。

・揚水機場:7箇所,加圧機場:3箇所

 アクセス:前田北揚水機場 田辺揚水機場  
      宮ノ原揚水機場 五十市揚水機場
      払川揚水機場  大浦揚水機場
      王子原揚水機場 前田南加圧機場
      浜ノ段加圧機場 山内加圧機場


ファームポンド


 畑の蛇口(給水栓)をひねるとすぐ水が出るように、あらかじめ木之川内ダムから来た水を貯めておくコンクリート製の大きな水槽で、地区内に下記の18箇所が設けてあります。

・有効容量:1,670m3~7,940m3

 アクセス:前田南FP 前田北FP 江平FP  
      有水FP  田辺FP  大井手FP
      前方FP  高才FP  宮ノ原FP
      百原FP  浜ノ段FP 山内FP
      五十市FP 払川FP  大浦FP  
      王子原FP 長尾下FP 万ヶ塚FP



給水スタンド


 国営関連事業(県営事業)が完了していない地区について、暫定的に給水を行うためにコイン式給水スタンドが11箇所設けてあります。かん水や防除などの用水としてお使いください。(生活用水等としての使用はできません)

 大コイン1枚当たり100円で500リットル、小コイン1枚当たり50円で250リットルの給水が可能です。コインは本土地改良区事務所で取扱っています。

 操作説明はこちら →

 アクセス:前田南スタンド  前田北スタンド
      江平スタンド   西久保スタンド
      田辺スタンド   京陣原スタンド
      山内スタンド   牧之原スタンド
      五十市スタンド  大浦スタンド
      長尾下スタンド


木之川内ダム管理所


 木之川内ダムの状態監視、放流・取水ゲートの操作、警報局のサイレン吹鳴、田野頭首工の状態監視及び遠隔操作等を行うことができます。
 なお、停電に備え、非常用自家発電装置が設けてあります。

・構造:RC造2階建,延床面積:308m2

 アクセス:木之川内ダム管理所



都城盆地地区中央管理所


 ダム・頭首工に加え、ファームポンドや揚水・加圧機場の状態監視を行うことができます。また、田野頭首工の遠隔操作も行うこともできます。
 こちらの管理所へも、停電に備え、非常用自家発電装置が設けてあります。

・構造:RC造2階建,延床面積:449m2

 アクセス:都城盆地地区中央管理所


HOME   畑地かんがい事業について   「土地改良区」について   管理施設の紹介   広報誌
各種様式      決算関係書類      個人情報の保護      お問い合わせ      リンク集