めざします 企業の繁栄と社会への貢献                                                公益社団法人 都城法人会
 
 
MENU
 
表紙へ
会長挨拶
都城税務署長挨拶
活動計画
青年部会活動報告
女性部会活動報告
情報公開
リンク先


  都城税務署長インタビュー


            
                              都城税務署長  廣瀬 大


○ 年齢・出身等をお聞かせいただけますか。

 岐阜県大垣市の墨俣(すのまた)出身で、現在39歳です。
墨俣は、川や田畑など自然がとても豊かな地域で、歴史的には、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が一晩で築いたとされる一夜城(墨俣城)でも有名です。

○ 税務署にはいられてからの経歴を簡単にお聞かせください。

 平成14年に国税庁に入庁し、課税総括課、酒税課、人事課で勤務し、1年間の税務署勤務を経て、米国に留学しました。経営学修士を取得後、国税庁に戻り、国際業務課で、国際会議や途上国に対する技術協力の企画などを担当しました。
 その後、金融庁に出向してNISA(ニーサ)の創設を含む金融・証券税制の企画に携わり、更に外務省に出向して、フランス・パリにあるOECD代表部で勤務し、OECD租税委員会の日本政府代表として会議に出席し、国際課税に関するグローバルスタンダードの構築に関わりました。昨年の夏に帰国して、国税庁総務課で勤務し、現在の都城署勤務に至ります。

○ 前任地での仕事の内容をお聞かせください。
 国税庁総務課では、全国で発生する大規模災害や緊急対応事案への対応、文書・情報管理指針の策定や運営、本庁内の文書審査、他省庁との調整、法人設立ワンストップセンターの企画等を担当し、国税庁の組織全体が円滑に機能するよう務めました

○ 都城署管内の印象や感想はいかがですか。

 商業の発達した地域、農業・牧畜業などが盛んな地域、住宅地域、そして豊かな自然が残された地域など、管内に様々な地域がバランスよく存在していて、とても魅力的なところだと思います。着任日に管内の景色を見て、自分の故郷を思い出し、すぐにこの土地が好きになりました。
 8月に開催された盆地まつりでは、都城法人会を始めとして多くの団体・住民の方々が主体的にお祭りに関わり、またいろいろな人との触れ合いを大切にして楽しんでいて、人との関わりを大切にする心温かく豊かな人たちが集まった地域だなと感じました。
 
 
○ 着任にあたっての抱負をお聞かせください。
 明るく風通しのよい職場環境を作り、自由闊達な雰囲気の下、納税者の視点に立って、全職員一丸となって税務行政に取り組みます。また、職員一人ひとりがそれぞれの成長を実感できるようリーダーシップを発揮します。
今事務年度は、特に、マイナンバー制度が開始されるので、マイナンバー制度の周知・徹底に努めます。

○ ご趣味は。

  旅行することが趣味なので、休暇を利用して、宮崎県を中心に南九州をいろいろ回りたいです。また、高校・大学とラグビーをしていたので、久々に運動を再開して、体を動かしたいと考えています。


○ 都城での生活の一端をご披露いただけますか。

 休日はバスや電車等を利用して、温泉巡りをしています。最近は、宮崎交通バスの週末限定500円乗り放題のチケットを使って、青井岳温泉に行ったり、高千穂牧場や関之尾の滝などを観光したりしました。

○ 法人会に対してご意見、ご要望をお聞かせください。

 平素より税務行政に対して深いご理解と格別のご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。皆様が事業活動として実施している研修会や、盆地まつりにおけるバザー・アヤメや昆虫の無料配布・ミニゲームの提供、絵はがきコンクールの開催など各種取り組みは、納税者の皆様が、税について知り、考え、理解を深める非常に貴重な機会となっています。今後も引き続き、積極的な研修会の開催や地域社会貢献活動の実施等、どうぞよろしくお願いします。
 また、昨年4月より、全国の法人会で、自主点検チェックシートを活用した「企業の税務コンプライアンスを向上させるための取組」が実施されていますが、この取組は、国税庁の使命である「納税者の自発的な納税義務の履行を適正かつ円滑に実現する」につながるものであり、国税庁としても後援させていただいておりますので、更なる普及にご尽力くださいますようお願い致します。

○ 座右の銘をお聞かせください。

座右の銘にしていることは特にありませんが、一日一日を大切にして過ごしています。

              


   



   
 

  
ページの先頭へ  


表紙へ会長挨拶都城税務署長挨拶活動計画青年部会活動報告女性部会活動報告
情報公開リンク先
  Copyright(c) 2012 社団法人 都城法人会. All rights recerved.