みやこのじょう太郎窯の紹介


  
 太郎窯は、霧島連山の麓にあります。
 この写真の一番高い所が、高千穂の峰です。高千穂の峰は、神話の天孫降臨の舞台であり、昔より信仰の山として崇められた霊峰です。
 また、慶応2年には、坂本竜馬とその妻おりょうが、日本初の新婚旅行として、この峰に登り、頂にある天の逆鉾を抜こうとした逸話も残されています。







ここが、太郎窯です。

  夫婦二人でやってます。手前が展示室、真ん中が工房です。ここで、毎日仕事をしています。

 ここは、南国宮崎ですが、標高300〜350mあり、冬は時々雪が降り、夏はクーラーがいらないくらい涼しい風が吹きます。






  


  展示室は、外壁を黒くしたうえに、電球を12個付けたため、夏は結構暑くなってしまいました。!!
  







トップページに戻る