どうして
ヴェトナム???
ヴェトナムの人
ヴェトナムの料理
ホーチミンの街並み

香香(しゃんしゃん)
さらにこんなこともしています・・・・


ヴェトナム料理教室
定期お料理教室
第二回 英語で学ぶ
ヴェトナム料理教室
ヴェトナム料理教室
合コン
男子限定コース


オリジナル
ヴェトナム旅行ツアー
 
どうしてヴェトナム???

→香香を開店して以来、一番多く頂くご質問です。

ことの始まりは2000年。

私は、鹿児島県が主催する「世界自然遺産会議」に会議開催スタッフとして関わっておりました。
主な仕事は、参加国20前後の国々からの参加者との連絡でした。
ある時、ヴェトナムの首都ハノイの東に位置する世界遺産「ハーロン湾」の担当官とコンタクトをとることに。
担当官の秘書に「hold on, please(少々お待ち下さい)」と言われ、私は受話器を持ったまま、電話の向こうにしばし耳を澄ませました。
聞こえたきたのは・・・

       人々の歌うように話すヴェトナム語
       元気な子どもたちの笑い声
       車やバイクの音
       テレビやラジオの音


これらの音を聞きながら、時間にしては一瞬のことでしたが、
今まで行ったこともないヴェトナムの景色が
バァーッと頭の中で広がったのです。
全部の会議参加国へ数えきれないほど何度も電話をしましたが、
こんな不思議な経験をしたのは、後にも先にもヴェトナムだけでした。

       「よし、 会議が終わったら、とにかくヴェトナムへ行ってみよう!」
       「 行ってみたい!」
       「 いざ、ヴェトナムへ!!


というような感じでした。

実際、ヴェトナムへ行ってみたら・・・・
そうです。

              ヴェトナムに恋をしてしまいました。

恋した理由は、

まずはヴェトナム人の
あふれんばかりのパワー。

ヴェトナム人は辛く悲しい戦争の歴史を体験しています。
ですが、彼らは強く、優しく、竹のようにしなやかです。

特に女性は強く優しく、美しい。市場での値段交渉では常に女性オーナーとの勝負ですが、
相当な強敵です。
彼らの勤勉さにも頭がさがります。彼らのエネルギッシュに生きようとするパワーは、
私にも元気をくれました。

そして
ヴェトナム料理。

中華とフレンチが絶妙に影響しあった
奇跡の料理です。

1100年中国に支配されていた歴史からか、中華料理の影響も多く見られます。
中華料理の医食同源の思想はヴェトナムにも残っています。
中華では、野菜にも必ず火を通しますが、ヴェトナム人は野菜を生でもたくさん食べます。

ハーブ類をフォーの上に山盛りに載せたり、生春巻きに巻いたりします。
ハーブの使い方が上手なのは、フランス料理の影響かと思われます。
盛り付けもフランス料理同様にartのように凝っていますよ。

私は個人的に、日本人が一番食べやすいアジア料理はヴェトナム料理だと思っています。

印象的なのが
美しいホーチミンの街並みです。

街全体がノスタルジックな雰囲気と美しい色彩にあふれた街です。

フランスチックなアーチをもつ美しい建物。歴史を感じることができます。
「東洋のプチパリ」と呼ばれるのも十分納得がいきます。

そして手先が器用なヴェトナム人が作る雑貨。
あれもかわいい、これもかわいい、と絶叫しながらフラフラするくらい、洗練され、
可愛くて美しい色彩の雑貨が街にあふれています。
これら綺麗に陳列された雑貨たちは街並みの美しさにも一役かっています。

ここに紹介したのは、私が恋したヴェトナムのごく一部です。

鹿児島の方にヴェトナムを紹介し、ヴェトナムに少しでも興味を持っていただき、
いずれいつかヴェトナムへ行く機会につながればと思っております。

香香が皆様のヴェトナムへの入り口になれますように・・・。
ヴェトナム料理教室
「本場エスニック料理をご家庭で」というコンセプトのもと、香香一番人気メニューの“海老と豚肉の生春巻き”や、それをつける特製オリジナルドレッシングのレシピを公開しております。
一回の受講で、前菜からメイン、デザートまで学ぶことができます。
実際にライスペーパーやニュクマム(魚醤)に触れたり、香りをかいだり、と五感を通じてヴェトナムを感じて頂ける絶好の機会が料理教室です。2010年1月で16回目になりました。毎回、幅ひろい年齢層の方々のご参加をいただきます。外国の方のご参加もあります。その際は、英語でもフォローアップしております。男子限定コースは即効満席になる人気コースです。さらに「第二回 英語で学ぶヴェトナム料理教室」、「ヴェトナム料理教室合コン」等々を企画中です。
オリジナル ヴェトナム旅行ツアー
香香オーナーの私がオススメする、現地ホーチミンのレストランや、お気に入りの雑貨や名所をまわるオリジナルツアーも実施しました。
「東洋のプチパリ(ちいさなパリ)」と言われるホーチミン市(旧サイゴン)で美味しい料理と癒しのパワーを満喫する旅を目指しております。現在、ツアー企画のリクエストを頂いておりますので、こちらも近いうち募集したいと思っております。

Copyright(c) Quadrifoglio All Rights Reserved.